・旅行記トップ ・日程 ・マドリッド ・トレド ・コルドバ ・グラナダ
・エステポナ ・タリファ&カディス ・バルセロナ ・バルセロナ2
・レンタカー情報 ・リンク





レンタカー情報




ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ ドライブ




レンタカーでの旅

スペインでのレンタカーの旅はとても快適でした。
道路は整備され制限速度も場所(郊外)によっては時速100km,120kmなのでみんなびゅんびゅん飛ばしています。
制限速度120kmを守って(それでも120kmだ!)走る私たちを何台もの車が抜いていきました。いったいみんな何キロ出してるんだろう・・信号は全然ないし、人は歩いていなし、まるで高速道路です。もし道を間違えたら、そこでUターンせずとりあえず分岐点まですすんでメインの道から外れ、道路の脇や下にあるロータリーをまわれば、反対車線にまだ戻ることができます。とてもスムーズです。

ただ郊外では快適なレンタカーも街の中はやめておいた方がいいかと・・道路が狭い上にごちゃごちゃしているし、通りの名前を読もうにもどこに通りの名前がかいてあるのかわかりません。街の外の駐車場に車を置き、 タクシーや公共交通機関を利用して観光した方が良いと思います。
私達はレンタカーを借りた初日、コルドバの街の中で道に迷って四苦八苦しました。



準備

さて、今回、初の海外でのレンタカーはHertzAVISEuropcarを検討しました。 そして日本語で予約が出来る事やその他の事情で今回はHertzにお願いする事にしました。 現地で借りる事も出来ます。ただ、細かい契約をしなくてはならないので語学に自信のない方は日本で予約しておいた方が無難です。

車での移動時間、距離はViamichelinmappyがとても参考になりました。 Viamichelinは、出発地と到着地を入力すると、移動距離、移動時間、それにかかるガソリン代に高速料金まで表示されます。 mappyも同じく、移動距離、時間等が出ます。Viamichelinよりもきめ細かいです。私は今回はViamichelinの方をよく使いました。

ちなみに南スペインに限っていえば、高速道路にわざわざのる必要はないと思います。高速道路の脇には一般道路が走っていますし 一般道路といっても街を出てしまえば、信号はないし、道は整備されているし上にかいたように120kmだしてノンストップで走る事が出来ます。 (制限速度が100km、120kmの場所が結構多かった)
ただ私たちは一般道路を走る予定で間違えて高速道路の方へ進入してしまったので高速道路にのる事になってしまいました。 ほとんど車は走っていませんでした。



車を選ぶ時のポイント

◎マニュアル車かオートマ車か・・
車はオートマ車よりマニュアル車が多いようです。Hertzではオートマかマニュアルか選ぶことができました。 家の車はマニュアルなので、あまり深く考えずにマニュアルを選びました。でもちょっと失敗だったかな・・

スペインの車は左ハンドルです。そして道は右側通行。
ウィンカーは左側、ギアチェンジは右手です
ウィンカーを出そうと思って、右のがわのレバー?を倒すと・・・それはワイパーだ!(後で考えると大笑い)・・・運転手担当の相方は最初のうちはかなり混乱していました。 そういう事もあるので、マニュアル車になれている方も少しオートマ車を検討した方が良いかもしれません。ただ、相方はすぐスペイン仕様の車になれていました。

◎車体の大きさ
レンタカー 車体の大きさで悩みました。
車を大きくして、トランクルームにスーツケースが全部入るようにするか(盗難防止です)
車を小さくして、小回りがきくようにするか・・

街の中も車でまわる予定だったので、最終的には小回りを優先して小型の車にしました。
失敗でもあり成功でもありでした。コルドバの狭い道を走っている時は小型車で良かったと思ったし、 郊外の観光地では、窓からトランクを積んでいるのが丸見えの状態で車を無人にする事ができず 交代で降りて観光することになったし・・ まあ、トランクルームにスーツケースを入れて外から見えなくしても、カギを壊されてスーツケースを持っていかれた という話も聞いていたので、小型車でよかったのかな・・と思っています。



レンタカーの治安情報

ガイドブックや色んな方のHPでスペインの治安について、「注意するように」「スキを見せるな」ってたくさん書かれていますよね。 レンタカーで移動する際も同じです。現地の方に聞いたお話を紹介します。

日本人がレンタカーを借りると尾行がつくそうです。そしてドライブインや観光で車が無人になるとタイヤをパンクさせます。 そして日本人が車に戻ってパンクを見つけて、手配しなくっちゃ連絡しなくっちゃっとバタバタしているスキに、ゆうゆうと荷物を持っていきます。(すごいですよね)
もしタイヤをパンクさせられたら慌てずに一人は連絡係、一人は荷物の見張り番で車に残って下さい。
大きい荷物を持っている時には一度ホテルに預けてから観光に行く事をすすめられました。
もしドライブインなどで休憩したい時は、大きな荷物はトランクに入れること。(外から見えないように)荷物をトランクに移し変える時も、 街の中やドライブインに入るすこし手前で車を停めてトランクに入れてください。 それで、ドライブインのまん前、自分の席から見える位置に車を停めてください

この話をしてくださった方は、某クレジット会社のジャパンディスクの方ですが、副社長以下全員(日本人)車上荒らしにあっているそうです。

大きい荷物を持ってなくても要注意。車から降りる際は絶対に外から見える所に物を置かない事です。 聞いた話ですが、車を降りる時になにげなく上着をおいておいたら、窓ガラスを割られたそうです。もしかして 上着に財布が入っているかも・・と泥棒は考えるそうです。



ロータリー

街の中に入るとスペイン名物(?)ロータリーがでてきます。スペインの交差点はほとんどといっていいくらい、ロータリーで構成されています。これがまた便利で、実に円満に交通の流れをよくしているのです。
ロータリーの中に入ると、行き先ごとに指示板や案内板が出ていて、わかりやすいし、かりにどの方向に行けばよいのかわからない時には、何週でもロータリーを回っていてかまわないのです。
ロータリーの中から一般道路へ出るときはロータリーが優先となります。



スタンド

スタンド

旅の途中、何度かガソリンスタンドに立ち寄りました。私たちが寄ったところは、全部セルフサービスでした。ノズルをタンクに差し込んでグリップを握り、満タンになると自動的にとまります。
お金の支払方法は、
・給油機の番号をスタンドの人に伝えて料金を支払う。
・クレジットカードで料金の精算まで自動的にできる給油機
の2通りでした
ガイドブックを見ると料金を前払いして給油後に精算するところもあるようです。



ホテルの駐車場

レンタカーで移動中は駐車場付きのホテルをおすすめします。ホテルから車を離れてとめることになるとイタズラされる機会も増えると思います。特に日本人はターゲットになりやすいようですので。
駐車料金が発生するかどうかはホテルによって違います。私達はパラドール以外すべてのホテルで駐車料金がかかりました。


prev next

旅行記Top ホーム

Copyright(C) Safar Firdaus

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO